金冷法(きんれいほう)に根拠あり!?精力や勃起力を高めるならまず金玉を冷やせ!

MENU

金冷法(きんれいほう)に根拠あり!精力や勃起力を高めるならまず金玉を冷やせ!

あなたもどこかで聞いたことがあると思います。
金玉を冷やしたり温めたりすることで精力が改善という「金冷法」というトレーニング。

 

「そんなの本当に効果あんのかよ??」
「おまじないレベルでしょ??」

 

って思っているあなた。私と同じです。

 

私も完全に疑っていましたが、実はそうでもないんです。
逆に、科学的に効果があることがわかってきているのです。

 

今回はこの「金冷法(きんれいほう)」の効果や正しいやり方などをご紹介していきたいと思います。

 

★そもそもなんで金玉を冷やすと良いのか?


金玉は温度が低い方がしっかりと活動できるからです。

 

金玉って蹴られるとめちゃくちゃ痛いですよね。体の仕組みを考えると本来なら、もっと体の内部に入れておくべきものですが、なぜか体の外に付いています。

 

これは金玉が体と同じようなお温度だとしっかり働くことができないから、わざわざ外に出して温度をさげています。

 

外に出すことによって、金玉の温度を下げているのです。

 

ちなみに金玉の温度を下げると精子の生産性が上がることが研究でも明らかになって来ています。

 

 

★金冷法で得られる効果とは?


金冷法をやることで得られる効果はたくさんあって、いつくかあるので紹介しておきますね。

 

1 金玉を冷やすことで精巣機能を高める
2 自律神経への刺激でED改善!
3 血管の血行促進で勃起力アップ!

 

その他にも40代から下がりがちな男性ホルモンをUPしたり、
筋肉痛の緩和や不眠やむくみなどにも効果があるといわれています。

 

メジャーリーガーなども使った筋肉の回復を高めるためアイシングをしたりします。

 

<向いていない人やってはだめな人>
体を温めてすぐに冷やすことをするため、どうしても体には負担がかかります。
そのため以下のような人は止めておいたほうがよいでしょう。

 

・心臓が弱い人
・血圧が高い人
・すぐに風を引いてしまう人
・継続して薬を飲んでい人

 

★金玉冷やして精力改善!正しい金冷方法方のやり方とは!?


ここでは正しい金冷法のやり方について説明します。これは家のお風呂でやることを想定しています。

 

また間違ったやり方でやってもあまり効果がでないのでしっかりとやってください。

金冷法の正しいやり方!

ステップ1:お風呂に入る前に水を飲む。

お風呂に入ると知らない間に汗をかきます。脱水症状などを防ぐためにまずはお水を飲んでください。

 

ステップ2:先に頭や体などを洗う

金冷法は体への負担も大きいので、やった後すぐに出られるようにしたほうがいいので。

 

ステップ3:温かい湯船に浸かる(1分ぐらい)

温度は40℃?42℃ぐりらい。あまり熱すぎると金玉が悲鳴をあげ活動が悪くなってしまいます。

 

ステップ4:水シャワーを浴びる(10秒ぐらい)

温度はだいたい10℃?15℃ぐらい。だいたいシャワーから出る水温はこれぐらいなので温度は気にしなくてもOK。
ポイントは金玉だけじゃなく、体全体にもかけてください。

 

テップ5:上記を6回から12回ぐらい繰り返す

研究では回数を増やしたところであまり効果が上がらなかったため、6回~12回ぐらいで十分効果があります。

 

ステップ6:お風呂から上がってゆっくりする。

この方法はかなり体に負担をかけるのでお風呂から上がってからはゆっくりするようにしてください。

 

<ポイント>

どうしても一番初めの水が冷たいです。でもコレを乗り切れば不思議なものであまり冷たく感じません。

 

金冷法なので金玉ばかりに水をかけて、体には水をかけない人がいますが、かなりもったいないです。

 

勃起力が下がる原因の一つに血行の問題があります。ペニスに集まってくる血は体から集まってきます。そのため体の血行もよくした方がいいのです。
金冷法で金玉ばかりするのではなく、かならず体にも水掛けて全身の血行をよくするようにしてください。


クズ精力剤に騙されない!本当に効果のある精力剤とは?